車買取の基礎知識

車の査定への影響をカラーリングから検証


あなたの車を売るための査定を行う際には、「あなたの持っている車の色」に関しての査定についての知識も覚えておくことが大事です。

まず車のカラーリングに関しての大事な点は「あなたの車の色が“人気のある色”か“人気のない色”であるか」です。続いて「カラーリングが色あせてはいないか」についても仔細にわたって調べられます。後者の「色あせ」については、ワックスなどを用いる事によって改善が可能ですが、持って生産された「車体の色合い」に関しては、いざ売る段階になってしまった時に対処を行うことは不可能となってしまいます。
そのためにも、車を購入する段階の時点で、「ゆくゆくは査定などを行って手放すことを考慮した車のカラーリング選び」をすることが大事です。

もし可能であるならば、シルバーであったり、ブラック系統の、「流行や人気に左右されることがないカラーリング」を最初の時点で選択しておくのが安心であると言えます。これは重要な要点と考えて間違いありません。なぜならば、とある車が作られて、販売が始まった時に、一番売れる色は、大概において「コマーシャルや広告などで使われていた色」なのです。最も宣伝されて目につく、流行の色合いが一番売れるのは、ある意味必然であると言えるでしょう。

流行に惑わされないようにする

ですが、ここで気をつけなければならない点があります。コマーシャルや広告などで用いられているカラーリングは、大体の場合「鮮やかでカラフルな色」が用いられています。これはメーカーが新商品を売り込む上で、コマーシャルや広告で、起用されたモデルなどと並べた際に映える色を採用しているためです。当然のことながら、撮影を行う際には徹底的に手入れされた状態となっています。

しかし、こういった色鮮やかなカラーリングの車は、人気の浮き沈みが上記の安定した色合いのものより激しく、手放そうと思った時には、「人気のない色」として扱われてしまっているケースが多いと言えるのです。それに付け加えて、人気の時期にその車を購入したことにより、売ろうと思った時には同じように「手放そうと思っている方」が多い事が予想できます。
これにより中古車市場に同じ商品の同じカラーが多く出回ることとなり、査定アップの上で大きなダメージとなってしまう可能性が高いのです。

こういった理由により、ブラック系であったりシルバーといった、「人気の浮き沈みのない色」をチョイスしておくことによって、長期的に見た際に査定のアップが期待できるのです。

関連記事

  1. 車を売る際に必要な書類について

  2. 本体以外の装備品やオプションの査定時の評価

  3. ローンが残ってても車は売れるのか

  4. 下取り業者への交渉方法について

  5. 買い取られるまでのプロセスを把握しておこう

  6. 査定の上での「走行距離」について

PAGE TOP