車を売る際に必要な書類について


もし貴方の車を、買取業者に売り渡すことが決まったなら、まず早い段階で行っておくべきことは「車を業者に渡す日に無ければならない書類をパーフェクトに揃えておくこと」です。

なぜなら、書類が万全に揃わないことにより、車が売れなくなってしまうケースもあり、場合によっては、車を受渡する日にちが遅れすぎてしまうことによって、「査定のやり直し」をしなければならなくなってしまいます。もちろんの事ですが、車の値打ちというものは日を追うごとに下がっていくものですので、最初の査定と同額の代金を望む事は困難となってしまうのです。

このページでは、車を売る際に不可欠である書類について解説していこうと思います。中には用意するのに時間がかかってしまうものもあります。早い段階での確認が重要なのです。

必要書類は早い段階で準備しましょう

まず必要となる書類が「自動車車検証」です。これは最初に車を買った際に受け取っているものですので、間違いなく保管をしておくことが大事です。
万が一、なくしてしまった場合は、運輸局でもう一度作ってもらうことができますが、ある程度時間がかかるので、もし今手元に無い場合は、前もって作っておきましょう。

続いて必要となるのが「印鑑登録証明書」、そして「実印」です。車の名義を変える上で必要となるアイテムが「実印」です。そして、車を売ろうと考えている方は、前者の証明書を忘れてしまうケースが多いです。

気をつけなければいけないのは、車を売る際には、印鑑登録証明書が「2つ」必要になるという点です。そして、もう一つの注意点は、この証明書が有効である期間は「発行してから1ヶ月」であることです。ですので、もし売る事が確定したなら、早急にこれを発行するようにしてください。

そして、この証明書を手にするためには、最初に印鑑登録をすることが求められます。もう済んでいるのなら問題ないのですが、まだであれば早急に役所に足を運び、行うようにしましょう。

書類として他に必要なものは「自賠責保険の証明書」プラス「自動車納税を証明する書類」です。これらも間違いなく分かる場所に置いておき、受渡の日に用意できるようにしましょう。

続いて必要なものは、手書きでも問題ないものですが「振込先の口座情報」です。車を売った金額が、この口座へと振り込まれる訳ですね。振込に必要な要項を記入しておきましょう。

「車を売る上で必要な書類」は上記のものとなります。ですが、場合によっては別途「リサイクル券」が不可欠になる場合もあるのです。これはそれぞれの状況によって必要か不要であるかが違ってきますので、買取業者へ前もって相談しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事