希望額は相場より少し高く提示


まず「相場」を把握し、それよりも少し高い金額を提示する

自分の車を業者に査定して買い取ってもらいたいなら、まず査定を行う前に「しておくべき行動」というのが複数存在します。
できるだけ査定額を上げるためにはこれらの行動は重要なものと言えますが、その中でも「最低限知っておきたい」と言える要項は「自分の車の市場での相場」についてです。

基本的なことですが、「いったい、自分の車はどれぐらいの値段で売れるのか?」ということを知らないと、言うまでもなく買い取り業者の決めた価格で決められてしまう場合が考えられます。

買い取り業者は百戦錬磨のプロですので、「得意の営業トーク」で巧みにマイナス査定を出され、「た…たしかにこの程度価格で妥当なのかもしれないな…」などといったように妙に納得させられてしまい、業者の良いような価格で買い取られてしまう可能性が高いのです。このパターンでの査定は、「買い取り業者の圧倒的な勝利」であると言えるでしょう。これでは査定アップは実現できません。

上記のような失敗を防止するためにも必要とされるのが、「自分の車の市場での相場」を前もって把握しておくことなのです。
ここで注意しなければならないのが、ネットの無料一括査定などで算出された金額を希望額として捉えないことです。車を売る上での成功は「相場の価格ジャストで売却すること」ではなく、「高額査定をゲットして売る」ことなのです。そのためにも、売る側にもしっかりとした戦略が求められるのです。

複数の会社をしっかり比較する

そのための基本として、査定をしてもらう前のリサーチは一社ではなくて、「複数の会社」で行うことが求められます。ここで気をつけるべき点は、平均額をそのまま「相場」であると認識しない事です。
相場価格で売ってしまっては、コチラにメリットがあるとは言えないのです。重要な事は、数ある業者の査定の中から、「最も高い査定」を見つけて、それを元に業者と交渉を行って、できるだけ高額な査定を手にすることなのです。

その交渉を行う上で効果のある方法は「自分の車の長所」を売り込んだり、「他の会社はもっと査定が高かった」などといったように業者の懐を探るなどといったものです。
こういった様々な戦略を用いて、前もって調べておいた「最高額」よりも、10%ほど売値を上げることができれば、査定が成功したと言えるのです。

しかし、そうは言っても、車のプロフェッショナルである買い取り業者を相手に、売値を上げる事ができるのだろうか…といった疑問を感じている方は多いのではないかと思います。
ですが、これを実現する事が可能であるからこそ、車査定というものは面白みがあるのです。
業者の弱みとも言える部分は、「競合の他の会社」の存在です。これをチラつかせることによって、業者の競争心をあおり、査定額のアップへとつながります。
また、別の方法として、競合会社をチラつかせるのではなく、「友人の知り合いがもっと高い価格で欲しがっていた」などといった「素人の存在」をチラつかせるのも査定額アップに有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿