査定に出す前にやっておくべきこと


査定に出す前にやっておいた方がいいこと

洗車

いざ、査定に出す前にやっておきたい事として洗車が挙げられます。
査定を出す当日の天気にもよりますが晴れているのならやっておいた方がいいでしょう。

車の汚れによって査定額に差が出るかは正直、微妙ですが、査定する方も人間なので車がキレイな方が「今までもキレイに大切に乗ってきたんだな。」という印象を与えることができます。
このことから、査定に有利に働く可能性がないとは言いきれません。

ただ、細かい傷等が洗車することによって目立ってしまうケースもあります。
自信を持って今の車の状態を見てもらいたいのなら洗車をしてから査定に出すようにしましょう。

車内清掃

ボディーの洗車と同時に車内の清掃もしっかりと実施しておくといいでしょう。
トランクルームやラゲッジスペースなどは重点的に行ったほうがいいです。キレイでスッキリとした印象だとプラス査定につながるかもしれません。

記録簿などのチェック

整備記録簿などがしっかりと入っているかをチェックしてください。整備記録簿には車を所有している間に行ってきた整備の内容が記されています。

保証書があるのならそれも一緒に保管しておきましょう。メーカー保証書や整備記録簿があることにより買い取った後の販売がしやすくなるのでプラス査定が見込めるケースがあります。

もし、所有している間にメーターの交換を行っているとしたらその情報は整備記録簿等に記載されていますが交換していても記載がないと走行距離不明として扱われてしまいます。

走行距離が少ないほうが高額査定につながることが多いですがメーターを交換したなら記載することを義務づけされています。

純正品も一緒に

もし、パーツの交換を行っているとしたら交換したパーツもしっかりと用意しておきましょう。
例えば、スタッドレスタイヤとホイールや社外のスプリングに交換しているとしたら純正スプリングなどが挙げられます。

小傷の除去

売却を決めて洗車を行った際に一緒にコンパウンドなどでボディーの小傷等を取り除いておくことでプラス査定につながることもあります。

本格的な板金塗装が必要な傷は修理代以上に査定金額が上がることはないので修理する必要はありませんが小傷はとっておく価値はあります。

また、ステッカー等で傷を隠すよりもはがして正々堂々していたほうが印象はよいでしょう。

事故歴について

事故歴についてですが事故歴があることにより査定金額が下がってしまうことは否めません。
だからといって隠し通せるかというと査定するほうもプロなのでなかなか隠し通せることはできません。なので、事前に聞かれたときに正直に伝えておいたほうがいいでしょう。

下手に隠したりせずに、ありのままを正直に伝えたほうが結果的に高額査定を導くケースがあります。

上記のように、今、乗っている車の価値そのものを極力下げないようにすることが非常に大切です。
ぜひ、高額査定を勝ち取って次の車購入の足しにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿