買い取りと下取りはどちらがお得?


買い取りと下取りのそれぞれのメリット

新しい車を買うために、これまで運転してきた車を売却する場合には、その車を「買い取り業者へと売る」、もしくは「下取りに出す」、これらの選択のどちらがベターなのでしょうか?

大体の場合においては、買い取り業者へと査定し、買い取ってもらった方がメリットはあると思います。しかし、ケースによってはディーラーに下取りを行ってもらったほうが得をする場合があるのも事実です。

このページでは、「買い取り業者」と「下取り」の異なる点について紹介した上で、貴方が車を売却する上ではドチラがメリットがあるのかについて考えていきましょう。

基本的には買取り店に売却するのがお得!

最初に、買い取り業者によるケースについてですが、参考となる査定の価格が決められる場所は「中古車のオークション市場」となります。
そして下取りをしてもらう場合においては、多岐にわたる項目を考えた上で作られた表である「下取り基本価格表」が判断基準となるのです。

必ずしも、という訳ではないのですが、大体の場合においては前者のケースのほうが高めの売り値がつけられる場合が多いです。
これはどうしてかというと、オークションは車を売ったり買ったりする上での「流れが早い」という特徴があるため、ある程度高めの価格がつけられているとしても、「比較的早く売却できる」という前提があるからなのです。

このような事から、基本的な場合においては買い取り業者に持っていった方が高く売れるのですが、ある特定の場合においては、下取りの方が向いている状況もあるのです。それを以下に紹介していきます。

車に値段が付けられない場合

最初のケースですが、いま貴方が持っている車が、「完全に人気のない車」もしくは「ものすごいボロボロの車」であった場合です。
このような場合においては、買い取り業者に査定してもらっても、値段がつかないというケースがほとんどであると思います。ですが「下取り」を選択した場合は、小額かもしれませんが買い取り額が発生する場合があるのです。

もちろん自分で廃車にしてしまうと、その分費用がかかってしまいます。よって、少しでも金銭的にプラスになるのだとしたら、それが適した選択であると言えます。

下取り対策金の有無

そしてもう1つのケースについてです。まずは「下取り対策金」という言葉について紹介していきましょう。
例として、あなたが「◯◯社」の車を新たに購入するとして、それまで乗っていた車を下取りに持っていくとしましょう。ですが、それまで乗っていた車は「××社」のものであるため、「○○社」の立場で言えば、「競合の会社の車」を下取りする意味合いとなります。
これは競合の会社の顧客をゲットすることができたため、◯◯社の立場で言えばしめたものです。

そして、競合から「一人でも多くの顧客」に乗り換えてもらうために、自社に乗り換えてくれたお客さんに対して、お礼の意味合いも込めて、下取り価格をアップするためのお金が用いられています。
このことを「下取り対策金」と称しているのです。これによって、相場の買い取り額より下取り価格のほうが高額となるケースもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿