車の色が査定に与える影響


車の色が査定に与える影響とは?

車の色は査定を行う上では重視される点の一つ

ここでは車の売却を行う上で「色」という側面から、考察していきたいと思います。
自動車においても、「人気のある色」があり、その反面「人気があまりない色」というものが存在するのです。

ですので、もし所有している車が「人気のある色」であった場合は、平均的な相場以上の買い取り価格をつけてもらえる確率は上がってくるでしょう。

その反面、「新しい年代のもので、なおかつ人気の車種」であっても、色が「あまり人気がない色」であったなら、多少査定額にも影響してしまうのです。

当然の事ながら売却する車の「コンディション」や「車種」、そして「年代」がメインとなる査定の要項ではありますが、「車の外装における色」も査定を行う上では重視される点の一つであると言えるのです。

ここでは、車を購入する際の「色の選び方」に関してのポイントについて解説していこうと思います。色選びで注意するべき点は「宣伝に左右されないようにする」という事です。

車の色に関しては、男性よりも女性の方のほうが重視する傾向があります。つまり女性は「可愛らしい配色」を選びたがる傾向にあるのです。もちろんの事、車は自分が好みである色を選択するのは良い事ですが、この色選びが、後々の査定に大きく影響してくるのです。

人気のない色とはどのようなものか

メーカーのみに限定することなく、それぞれの車種には「人気のある色」と、「人気のあまりない色」があります。
この「人気のある色」とは、「TVのコマーシャルや、広告などで目にしたことのある色」ということになります。

車のコマーシャルや広告などでは、お客さんの注目を集める意味でも、鮮やかでありカラフルな色を採用しています。
こういった配色の方が、目にした方の印象に残りやすくなるからなのです。こういったことから、新車市場においてはコマーシャルなどの宣伝で採用されたカラーリングが多く販売されることとなりますが、これこそが「気をつけるべきポイント」であると言えるのです。

人気で数多く販売されたということは、もちろん、それ以降の中古車市場においてもそれらの色は 数多くのものが並ぶということになります。

それに加えて、それらの車は本来「お客さんの注目を集めるために用いられた、カラフルな色」であると言えます。販売当初としては「流行の最先端」であったと言えるかもしれないですが、カラフルな配色に関しては、流行の移ろいというものが激しいものであり、それらの車が中古車市場に並ぶ頃には「流行から外れたもの」として扱われている場合が多いのです。

まとめると、「具体的なカラーリング」に関してではなくて、「新車市場におけるカラフルな色合い」こそが、根本的な意味合いでの「人気のない色」と言えるのかもしれません。

以上のことから、カラーリングにこだわって購入するのは良い事ですが、コマーシャルであったり広告であったりなどに過度に左右されて購入しないようにするべきでしょう。

PAGE TOP