下取り費用と自賠責保険について


下取りにかかる費用と、自賠責保険について

あなたが現在、車を売却したいと考えたなら、どのような方法があるでしょうか?
それには大きく分けて、2種類の方法があります。まずは「ディーラーに下取りを行ってもらう」というものです。そしてもう一つの方法が「買い取り業者に査定後、買ってもらう」というものです。

それぞれの方のシチュエーションによって、どちらがメリットがあるかについては違いがあります。ですが、もし「ディーラーによる下取り」を選択した際には気をつけておくべきポイントというものがありますので、以下に記載します。

下取りの一つのケースとして、ディーラーに査定された価格が「90万円」であったとしましょう。
車の種類であったりコンディションにもよりますが、一般的には「なかなかの高めの査定」であると言えると思います。
ですが、この価格が、そのまま新しい車を購入する費用として使えるとは限らないのです。これは下取りを利用する上での「気をつけるべき事項」であると言えるでしょう。

買い取りと下取りの差異点として上げられるのは、下取りは「下取り査定手数料」というものがかかってしまうという点なのです。
つまり「査定する事自体」にお金がかかってしまうという事ですね。
この手数料は、業者によりますが、約1万円ぐらいになっています。当然のことながら、この手数料の分は上記の査定額から引かれることになります。

次に留意しておく必要があるのが「下取り諸手続き代行費用」です。
あなたの手から下取り業者の手へと渡った車は、整備などを行った後に、中古車として生まれ変わる場合が主となっています。そして、そこに至るまでには、数多くのプロセスをクリアしなければならないのです。

そしてそれらの手続きにかかる費用がこの「下取り諸手続き代行費用」ですが、この費用の大まかな相場は「15,000円」ぐらいとなっています。もちろん「下取り査定手数料」と同様に、この手数料の分は上記の査定額から引かれることになるのです。

「ダメ元」で交渉してみる

しかし、上に書いた2つの手数料については、「買い取り業者」はタダにしていることが多いのです。
なので「そうですか」とおとなしく払うのではなく、無理を承知で「他の業者に聞いたときは、代行費用とか査定手数料とかはタダで大丈夫って言われましたけど」などといった風に、軽く牽制を行ってみましょう。

上記の2つの手数料については、支払うことが法的に義務づけられているものではなく、業者の利益のために設定されているものなのです。
よって「他のところはタダと言っていた」と言ってみることによって、「それなら当社でも無料にします」といったように手数料カットが成功する望みも生まれてくるのです。

そして、車を持っていることによって「自動車税」というものはかかっていますが、車を下取りすることによって、「月割り」によって自分の手元へと返ってくることとなっています。

しかしながら、あろうことか、それを売り手に知らせずに、自分の懐へとしまってしまう下取り業者が存在するのも実情なのです。もちろん自動車税は返還されるべきものですので、「自動車税は返ってきますよね?」と前もって念押ししておくことが大事です。

加えて、下取りに依頼しても買い取りに依頼しても値段がつかず、やむを得ず廃車にするケースにおいては、残りがある「自賠責保険」が月割りにて返還されます。微少の返還であるかもしれませんが、コチラも忘れずに受け取っておくようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿