車の部品が査定へ与える影響


車の部品が査定へ与える影響

カスタムを行った車については、査定を行う上で何らかの影響をもたらすのでしょうか?

車が好きな方の中には、カスタムとして、従来の純正品のパーツを取り外して、社外品のものに付け替えるといったケースもあると思います。
だとしたら、このようなカスタムを行った車については、査定を行う上で何らかの変化をもたらすのでしょうか?

ここでまず覚えておいて頂きたい情報としては、「買い取りの場合においては、社外のものであるパーツも査定の対象に含まれる」という点です。
要はもともと付属していた純正の部品でないとしても、よほど汎用性が疑わしいものでない限り、査定の上でプラスに働くことは起こりうるという事なのです。

ですがカスタムしたパーツが査定の上でメリットとして働く場合だけではありません。どうあれ「査定の対象として含まれる」というだけで 、ケースによっては、査定の上でマイナスをもたらすケースもあるのです。

後付けのパーツがプラスかマイナスかを判断する

このような上記のことを念頭に置いた上で、愛車を買い取り業者に査定してもらう際には、車の社外品の部品が、査定の上でメリットになるかデメリットになるかを確認しておく必要があります。
そしてその査定の際に、もともと付属していた「純正品の部品」も持っていったほうがプラスに働くと考えられます。「社外品の部品による査定のプラス」に加えて、「もともとの純正品も保管してある」ことがさらにメリットに働く場合があるからです。

また、もしも、その社外品の部品が査定にとってデメリットとなる 場合は、早い段階で手持ちの純正品のパーツに戻す事が重要です。これによって社外品のパーツでマイナスに働いていた査定を「プラマイ0」に戻すことができるからです。

また注意するべき点としては、社外品の部品が査定に含まれるケースは「買い取り業者」の場合に於いてのみです。下取りに於いては100%査定の対象からは外れますし、ケースによっては、純正品の部品を使用していないことによって、査定に大きくマイナスをもたらしますので、注意が必要です。

それぞれの状況によって「下取り」を選ぶか「買い取り」を選ぶかで得をするかは変わってきます。
しかし、もしも愛車が社外の部品を多く取り付けている場合であれば、上記の通り、買い取り 業者に査定してもらうのが断然お得であると言えます。

ですが、もし下取りの場合でも、手元に純正品の部品が保管されているケースにおいては、元の状態に戻して査定してもらうのがベストです。つまり、下取りを選ぶ場合も買い取りを選ぶ場合においても、純正品の部品は必ず手元に保管しておいた方が良いという事なのです。

PAGE TOP