「買い取り」と「下取り」の違い


車の「買い取り」と「下取り」ってどう違うの?

ここでは、車を売る上での基本的な知識ではありますが「下取り」と「車買い取り」のそれぞれの違いについて紹介していこうと思います。

意外とこのことについては知っているようで知らない方が多く、混同してしまっている方もいらっしゃいますので、このページでしっかりと再認識を行っておきましょう。

最初に「車買い取り」について紹介していきましょう。
これは呼び名の通りですが、専門の買い取り業者が、貴方の愛車を状態を「査定(チェック)」して、その結果算出された金額で売却し、その代金が貴方の手元へとわたります。大まかに言うならば、「愛車を換金する手続き」であると言えますね。

そしてもう一つの「下取り」ですが、「車を売却する」という点においては「車買い取り」と同じであると言えます。
ですが「車買い取り」と違う点は、「売って現金を手にする」のではなく「新しい車を買うための費用に割当てられる」という点なのです。

例を挙げるとすると、貴方が新しく200万円の車を買う事になったとした場合、なおかつ「30万円」の下取り金額が算出されたとします。もしこれが「車買い取り」だったら、あなたは現金で30万円を受け取る流れとなりますが、下取りの場合は、「200万円の車を170万円で購入する事ができる権限」を得ることができると捉えるのが間違いないでしょう。
不要な車を処分することができ、なおかつ新しい車を買うための費用を作る事ができるのが下取りのシステムです。

買取り額の「判断材料」も違う

その他の「下取り」と「車買い取り」の両者の違いは、「買い取りの価格を計算するための目安」です。
基本的に「車買い取りの会社」が査定額(買い取り金額)を決める上で参考にするのは「中古車のオークション市場」です。

まず、「その車が市場でいくらで売れるのか」を把握して、その上で妥当であるとされる買い取り価格を算出するのです。

そしてもう一方の「下取り」を行う業者についてですが、コチラは価格を決めるのに「下取り基本価格表」を判断基準として算出しています。この価格表には「車種と年代ごとの、それぞれの買い取り価格」が列挙されているのです。

こういったことにより、「下取り」と「車買い取り」の両者は、同じ車を売却する場合でもそれぞれ違う査定額となる場合があるのです。

まとめると、もし新しい車を買うことが決まっていたとしても、「下取り業者のみに査定をお願いする」というのは早まった考えであると言えるでしょう。

車の種類や状態、そして年式などによって、下取り業者よりも、車買い取り業者の方が高く売れる場合もありますので、しっかりと「買い取り」と「下取り」の両者に査定依頼を行うことが、損をしないコツです。

PAGE TOP