車を売る時に必要になるもの


車を売るときに必要になる書類

買取店などで今、お乗りになっている車の査定をしてもらう時には車検証と自賠責保険証明書が必要になりますが、この他にいざ、車を売ることが決まったら用意しなければいけない書類があります。

上記の車検証と自賠責保険証明書は車に携行することが義務付けられているので、通常はグローブボックス等に入っていることが多いです。

買取店などから何を用意すればいいかの説明があると思うので特に覚えておく必要はありませんが、後々、慌てたりしないためにも頭に入れておいても損はないかもしれません。

下記に一般的に必要になる書類を記載しているので参考にしてください。

普通自動車の場合

  • 自動車検査証(車検証)
    車に携行することが義務付けられていて、所有者、住所などの情報の他、車自体の型式や登録年月日等が確認できます。もし、紛失してしまった場合は速やかに管轄の陸運局で再発行する必要があります。
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)
    任意保険とは異なり、強制保険とも呼ばれ加入することが義務付けられている保険になります。通常、車検ごとに更新するので車検から車検の間に加入している形になります。
    期限が切れてしまったいたり、万が一、保険に入っていなかったり(車検を通すことができないので考えづらいですが)すると車を売ることはできません。
    紛失してしまったら、再発行するようにしましょう。
  • 自動車税納税証明書
    車検を受ける際に必要になる証明書になります。毎年、5月初旬に送付され、5月中の支払いが義務付けられています。車検で必要になるので、買取店に渡すようにしましょう。
    普通自動車は各々の都道府県の税事務所や陸運局の近くにある自動車税管理事務所、軽自動車は自宅近くの
    市区町村の役所の納税課で再発行手続きをすることができます。
  • 実印
    市区町村に実印登録してある印鑑。各種、書類に捺印するために必要となります。
  • 印鑑登録証明書(印鑑証明)
    委任状や譲渡証明書に捺印したものが【実印】であることを証明する書類であり、役所等で発行してもらってから3か月が期限になります。
  • 住民票
    引越しをしてきて、車検証の住所変更を行っていない場合に必要となります。(車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なってしまうケース)
  • リサイクル券
    リサイクル料金を支払っていると証明する書類。もし、紛失してしまった場合は、再発行はできませんが「自動車リサイクル料金の預託状況」が証明書の代わりになるのでプリントアウトして利用しましょう。(自動車リサイクルシステムでプリントアウトすることができます。その際に、車検証の情報が必要となります。)
注意点として法人名義の場合などはこの他に必要となる書類が出てくることがあるので事前に確認しておくといいでしょう。

また、車検証の所有者と使用者が異なっている場合も注意が必要です。
車検証、自賠責保険証明書、納税証明書、リサイクル券は通常、車検証入れの中に保管されていることが多いので新たに準備しなければいけない書類は実印と印鑑証明書ということがいえます。

軽自動車の場合

以下が軽自動車の場合に必要な書類となります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 印鑑(認印でOK)
  • リサイクル券
PAGE TOP