「1社即決」は絶対にダメ


「1社即決」は絶対に避けるようにする

愛車を売る上では、いくつかの「気をつけなければならないポイント」というものが存在するのです。
「押さえておくとプラスになること」もありますし、その逆に「してはならない事」というものもあるのです。その中でも、「特にNGとされるポイント」というものは「査定業者を比較しないで、1社で決めてしまう」という事であると言えるでしょう。

もちろん、貴方が愛車を売却するのなら、少しでも高い値段で買い取ってもらいたいというのは勿論のことです。
もちろん、その反対の立場である買い取り業者は、買い取った車を再び売り場へと並べる訳ですので、可能な限り交渉を決めて帰りたいものなのです。
そのような両者の間には、押したり引いたりなどといった「やりとり」が存在します。このやりとりの中にこそ、査定額を大幅にアップさせるためのカギが隠されていると言っても間違いないでしょう。

車を買い取る側である業者から見て、「比較しないでスグに決めてくれるお客さん」というのは、非常に有り難い存在であると言えます。
このような即決してくれる方というのは、「比較的、高い年齢層の方」に多いと言えるでしょう。

ある程度の収入と地位を持っている年代の方にとっては、車を売る際に「もっと高くならないの?」などといった「値上げ交渉」を行うのは恥ずかしい、と考える向きがあるのです。
そのため、買い取り業者が指定した買い取り額が「どのような判断基準によるものなのか」についても考慮することなく、すぐ決めてしまうケースが多いのです。

「業者の利益分」をできるだけ抑える

もちろんの事、買い取り業者がまず提示する買い取り価格というものは「交渉を前提とした、相場よりもやや安めの価格」なのです。
なぜなら再び販売することで、より利益を得るためには、安い価格で買い取ることが一番容易な手段だからです。

ですが、もし相場と同じ価格で買い取ったとしても、業者にはしっかりと利益がでるようなシステムになっています。ですので何とか交渉を行い、「業者の利益分」を上手く詰めることが、査定額を上げるためのコツとも言える部分なのです。

そのための最も効果的な方法として活用できるのが「複数の買い取り業者に同時に査定を行う」という事です。
さらに査定してもらった担当の人に、「他の買い取り業者にも査定をお願いしているので、今日すぐは決められませんよ」というように前もって言っておくことも効き目を発揮する方法です。

これによって、「安い価格で買い取りたいけど、他の競合業者が、それより値上げするかもしれない」というように業者は判断するので、「過度に安すぎる値段を提示される」ことを事前に防ぐことが可能となるのです。
そしてこのように、複数社を比較して、最終的にそれらの中で「一番高い値段をつけてくれた会社」に決める事ができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿