自動車買取に関するキャンセルをする場合に起こるトラブルには何がある?


自動車を買取してもらったものの、やはり納得がいかないということもあるでしょう。
その場合、キャンセルをするということもあるかもしれませんが、売却契約を結んでいますので、トラブルになってしまうかもしれません。
そこで買取キャンセルになった時のトラブルについて考えてみます。

買取をキャンセルした時のトラブルにはどんなものがある?

最も多いものとしては、キャンセルしたいのにできないというケースです。
これは悪質な業者だからというのではなく、既に何かしらの手続きをしてしまった場合などは、キャンセルできません。
自動車を売却した場合、名義変更をしたりなど転売をするまでに手続きをすることが沢山あります。
この手続をしてからキャンセルをしたいと言われても、業者としても損をするだけになってしまうので、不可と判断することが多いのです。
仮にできたとしても、かかった経費などは請求されるでしょう。
ちなみに転売してしまった後ですと、いくらキャンセルしたいと言っても、手元に自動車がありませんので、確実にできません。

結果、何かしらの手続きをする前であればキャンセルできるチャンスがあります。

ただし、どちらかと言えば売り手側に落ち度があることになるので、車を取りに行く必要があるなどのペナルティは覚悟しておいてください。
金銭的な負担があるかは各業者によって異なりますが、売却契約を結んでから一方的に破棄することになるので、その点は含んでおく必要があります。
心配な人は契約を結ぶ前に、キャンセルについて確認しておくべきです。

トラブルを起こさないにはどうすると良い?

買取の契約をキャンセルというのは、どちらかと言えば業者よりも売り手側に問題があるトラブルだと言えます。
ですので、安易に契約をしてしまうのではなく、印鑑を押す前にもう一度確認するようにしてください。

本当に売ってしまって良いのか、この値段で納得できているのか、などのことを自分自身で確認して問題なければ、契約しましょう。

何かしら不安点などがあるのなら、印鑑を押す前にかならず確認しなくてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事