車査定の見積もりの前に準備するものって何?


車査定といっても、売りたい愛車だけを用意すればいいというわけではありません。
いざ見積りを依頼するときには、車意外にも準備しておかなければならないものがあります。
これから車を売りたいと思っている方のために、車査定の見積りでどんな準備が必要になるのか、その点をご紹介しておきます。

愛車のデータと相場を把握しておくこと

第一に準備しておくことは、売りたい車のデータを確認しておくことです。

種、年式、走行距離、改造、修復歴、車検残存期間など、車の概要となるデータをできるだけ細かく集めておきましょう。
車の査定額は程度によって変わりますが、基礎的な情報も価格を起算するために必要なものだからです。
また、インターネットの無料査定を利用する場合は、入力フォームに車の情報を記載しなければならないので、その時のためにもデータを把握しておかなければなりません。

さらに、見積り前には愛車の買取相場を調べておく必要もあります。

これは、業者が提示する価格が適正かどうかを、相場を見て判断するためです。
相場が分からなければ、業者の提示価格が高いか安いか、適正かどうかも分かりません。
したがって、雑誌や無料査定などを駆使して、できるだけ正確な相場情報を集めておきましょう。

査定で必要な書類について

車査定の見積りでは、いくつか必要書類も用意しておかなければなりません。

例えば、運転免許証や保険証などの身分証明書、そして自動車検査証(車検証)などです。

こうした書類は正確な査定額を出すために、またトラブルを避けるために必要なものですが、スムーズに提出できるように前もって用意しておきましょう。

また、ネットの無料査定を利用するためには、前もってインターネット環境を整えておくこと、また接続するための端末の準備も必要です。

さらに、どこの査定を利用したらいいかなどの情報収集も欠かせません。

さらにいずれは納税証明書や印鑑証明書も必要になってきますが、こちらは売却時に必要となる書類です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事