売却契約後にキャンセルすることは可能ですか?


車を売ったはいいものの、やっぱりキャンセルしたいということもあるはずです。
この値段で売却するのに合意したけれど、やっぱり納得できないなど様々な理由があるでしょう。
そうした時、キャンセルできるのかどうかについて考えてみます。

車を売却契約後のキャンセルはできるの?

基本的に売却契約後でのキャンセルについては、その時々だと言えます。
原則としてキャンセルすることはできるのですが、そのタイミングがとても限られているのです。

例えばですが、既に買い取りした車は別の人に売ってしまったというケースでは、キャンセルしたいと言っても難しいものがあります。
しかし、車の引き渡しを起こっても移転登録などを行っていないのなら、特に業者としても実害はありません。
ですので、キャンセルをしたいというユーザーがいれば、受付をしてもらうこともできます。

ただキャンセルできるのは、ほぼこのタイミングのみだと考えてください。

何かしらの手続きが行われてしまった場合は、キャンセルするのが難しくなります。

また、タイミング的には良かったとしても、すべての買取業者でキャンセルを受付てもらえるとは限りません。
手続きそのものはしていなくても、手続きをする準備は始めていたりするものなので、キャンセル料を支払うのなら良いとする業者もあるでしょう。

ですので、キャンセルをする可能性があると思ったのなら、契約を締結する前に必ず確認しておきましょう。
いつまでならキャンセルすることができるのか、キャンセル料がかかるのか、かかるのならどのくらいの料金になるのか、などのように確かめることは沢山あります。

契約で後悔しないようにするためには

理想的なことを言えば、キャンセルをしないようにすることです。
そのため契約を結ぶ前にはしっかりと内容を検討してください。
また、契約で後悔しないためのポイントとしては、複数の業者から査定をしてもらう方法があります。

複数の業者から査定をしてもらうことで、売買契約の内容を検討し、比較することができますので、最も条件が良いところと契約できるでしょう。

結果、もっと良い契約ができたのではと後悔する必要もなくなりますので、ともかく査定は複数の業者で受けるようにしてください。
別の日に査定をしてもらうのが面倒であれば、同じ日時で査定をしてもらうように組んでおくと便利です。
価格の交渉などについても業者同士で調整をしてくれますので、その点でも有用だと言っても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事