廃車の車の査定では何をチェックされるの?


廃車の買取をお願いする時には、査定を受ける必要が出てきます。
廃車にする予定の車だけではなく、一般的な中古車であっても必ず査定は受けなくてはいけないので、覚えておくと良いでしょう。
査定とは、その車の状態をチェックするものことで、きちんとどこをどう調べるというのが決まっています。
そこで、廃車の車査定ではどこをチェックされるか考えていきましょう。

車査定でチェックされるポイントとは?

基本的に査定とは専門の資格を持ったスタッフしか行うことができません。
そして、上でも触れたようにどこをチェックするのかテンプレートがあるのです。
例えばですが、車の外観を見て大きな疵痕があるのか、車の内装に汚れや臭いがあるのかという形です。
この時に大きな疵痕が見られないのならプラスポイント、車内に変な臭いがあるのならマイナスポイントというように決まっています。
他にもエンジンはきちんとかかるのか、ブレーキは問題なく作動するのか、エアコン等の装備は使えるのか、エンジンルーム内に疲弊が見られるかなどのような点を20分程度の時間で調べていくので覚えておくと良いでしょう。

査定を受ける時に、ある程度車の知識があれば、自分で整備することもできます。

しかし、車の知識がなくても外観をきれいにしたり、内装を掃除するくらいはできるはずですので、確実に行うようにしておきましょう。

大きく査定額が変わることはありませんが、しないよりは確実に効果が出ると言えます。

廃車の車査定で気をつけておくべきポイントは?

査定を受ける前に行っておきたいのは上でも触れた2つです。
その中でも重視したいのが車内の臭いになります。

最近では女性が中古車を購入するという傾向が強くなっており、車内の臭いについてはかなり大きな査定ポイントになるそうです。

タバコの臭いやペットの臭いについては完全に消臭することは難しいかもしれませんが、できるだけ臭わないようにしておいてください。
消臭剤では無理な臭いでも、煙を炊いて消臭するタイプのものもありますので、行うようにしておきましょう。
ちなみに、芳香剤の臭いに関しても好き嫌いが出るので無臭にしておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事