車買取のキャンセル被害って何がある?


車の買取ではキャンセルに関する被害が生じることがあります。
キャンセル被害とはどんなものなのか、これを把握してトラブルを回避できるようにしておきましょう。

契約後のキャンセルについて

査定をしてもらい、契約を結び車を引き渡した後、なんらかの理由で買取をキャンセルしたい場合もありえます。
こうした時、業者にキャンセルしたいことを伝えるわけですが業者からもうキャンセルはできないと言われることがあります。
理由としてはキャンセル可能な期間を過ぎている、すでに新しい買い手が決まっているなどです。
まずキャンセル可能な期間ですがこれは原則として契約から3日以内であれば違約金を支払うことなどを条件にキャンセルが認められていますのでキャンセルを申し込んだ時期が重要になってきます。
次に買い手が決まっている場合ですが、すでに業者がのその買い手と契約を結んでしまっている場合は残念ながらキャンセルできません。
こうしたことを考えるとキャンセルはできるだけ早く伝えることが大切です。

  • 時間が経てばキャンセルが難しくなりますので注意しましょう。

  • 契約直後でもキャンセルに応じてもらえない場合

    上記で紹介したように、原則として契約から3日以内であればキャンセルは可能となっています。

    • ですが業者によっても3日以内であってもキャンセルに応じてくれないケースがあり、これは悪質な対応だと言えます。

    • もしこうした対応をされた時はやはり弁護士に相談するのがベストでしょう。
      法律の専門家である弁護士に依頼をし、業者と交渉をしてもらい解決を図るべきです。
      弁護士を依頼するとなればなにかと面倒も増えますが自分で交渉をするのはなかなか難しいものです。
      解決までに時間がかかればそれだけ負担も大きくなりますので速やかな対応が求められます。

      • 弁護士事務所では無料相談などもやっていますからまずは相談だけをしてみるのも1つの方法です。

      • 相談することによって解決の糸口が見えることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事