ディーラーではなく自動車査定の専門会社を利用することでのメリットは?


愛車を売却する際の方法としては、買取と下取りが主流です。
他にもいくつか選択肢はありますが、専門的な知識が必要であったり、必ずしも売却できるとは限らないなどのデメリットがあるので、一般的にはお勧めできません。
ちなみに下取りというのはディーラーで新車を購入するのを前提として、今乗っている車を引き取ってもらうことを指し、買取とは中古車店や買取専門店などで売却することを意味しています。
ここではディラーではなく、買取店で売却するメリットについて考えてみましょう。

買取の方が下取りよりも有利な理由って?

新車を購入する場合、ディーラーに下取りをしてもらうという人が多いです。
売買の契約を一度に済ませることができるので、面倒がないということから下取りを選択する人が多いのですが、少しでも高く売却したいのなら買取の方が有利になります。
面倒ごとが少なくて良いという人なら下取りでも問題ないでしょうが、多くの場合は少しでも高く買取をして欲しいものです。
では、どうしてディーラーの下取りよりも買取の方が高く売却できるのかを考えてみましょう。

  • 最も大きな理由としては、ディーラーというのは下取りをした車を転売する場所が少ないことにあります。

  • ディーラーの場合は、どうしても自社の系列会社で販売することがメインになってしまいますので、相場よりも高い値段をつけにくいのです。
    対する、買取専門店の場合は買取をした車の販路が沢山あります。
    国内の中古車市場だけではなく、場合によっては海外の中古車市場にまで販路を持っていますので、利益を出すための方法をいくつも持っているのです。
    この違いが、下取りと買取における査定額の違いとなって出てきます。

    下取りと買取でどのくらい違うの?

    買取と下取りの比較をしても、中古車の買取相場というのは1台1台の車で違ってきますので、あまり意味はありません。

    • ただ圧倒的に買取の方が高くなる傾向が強く、時には数十万円もの違いが出ることもあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事