お役立ちQ&A

中古車査定のための事務手続きのための捨ててはいけないものは?


中古車査定は書類がないと行えませんので、必要書類は紛失しないようにしっかりと管理しておきましょう。
もし必要書類が紛失して手元になければ、査定前に再発行して整えておくようにしてください。
ここでは二つの必要書類、車検証と自動車納税証明書についてご説明します。

車検証の場合について

車検証といえば、その中に自動車にかんするさまざまな情報が記載されてあり、これを基にして買取業者は金額を決定することもあります。
それほど重要な書類なので、査定のときには必ず用意しておかなければなりません。
もちろん車検証の役割は、買取金額を左右するだけでなく、その車がちゃんと保安基準に適合していることを示すものでもあるので、その点からも必要な書類です。
また、車検証の中には査定のときに知っておくべき情報も記載されているので、売却者はそこを確認しておく必要もあります。

これを万が一紛失した場合は、身分証明書と印鑑をもって、管轄の陸運支局に申請を行って再発行してもらってください。

自動車納税証明書の場合

査定のときに必要な書類一式の中で、最も紛失が多いのが、自動車納税証明書です。
納税証明書は、その車について税金を納付したことを証明する書類ですが、お金を納付してしまうとそれで安心してしまい、納税証明書をそのまま紛失してしまう人が多いようです。
この書類もやはり車査定で必要になるので、必ず保管しておくようにしましょう。
管理の仕方としては、納付を行ったときに、そのついでに納税証明書をそのまま車検証の中に入れておくといいでしょう。
こうしておけば、いざ必要になったときでも、スムーズに提出することができます。

万が一紛失したら、管轄の都道府県税事務所に足を運んで、再発行を申請してください。

納付したあとで別の地域に引っ越した場合は、引っ越す前の住所を管轄している税事務所に再発行手続きを申請しなければなりません。
遠方の場合は手続きが大変なので、郵便で再発行してもらえるように依頼してください。

関連記事

  1. 車査定・買取でハイブリッドを買い取ってもらいたい人は知っておきたい事と…

  2. 自動車の査定額は会社によってそれぞれ違うもの?

  3. 車を売った後に戻ってくるお金ってありますか?

  4. 車査定のための手続きでローン残債手続きについて知りたい事は?

  5. 車査定・買取についての保障関係のトラブルには何がある?

  6. 知っておきたい自動車買取のウェブサイトの選び方は?

PAGE TOP