車査定での値引き交渉と下取り価格でのポイントは?


下取りで車を売却するという人も少なくありません。
下取りを選択することのメリットの1つとしては、新車の購入時に値引きと一緒に交渉できるという点があります。
また、車の査定を受けるにしても次に乗る車を購入するのなら、下取りの価格査定を受けておくのもひとつの方法です。
一般的に買取よりも売却額が低くなりがちな下取りですが、車を購入することを考えると、買取よりもお得になるケースもあるようです。

値引き交渉と下取りの関係を考えてみよう

車の査定を考えると上でも書いたように下取りは不利な面が多いです。
しかし、値引き交渉とあわせることによって、買取よりもプラスになるということもあるので、その仕組を考えておきましょう。
基本的に下取りの査定価格と、値引き交渉とは分けておくことが大切です。
多くの人は同じように扱ってしまって、最初から下取りありきで交渉をしてしまうのですが、これが失敗の原因となります。
値引き交渉を成功させたいのであれば、まずは下取りなしというところから交渉をスタートさせてください。
限界まで値引きができたのであれば、次にやっぱり下取りをして欲しいと持ちかけるのです。

手順としては面倒に感じてしまうかもしれませんが、値引き交渉と下取りを同時に行ってしまうと、どちらかで価格調整をされてしまいます。
下取り価格をサービスしますからと言いつつ、値引き額を本来できる額よりも抑えてしまうというのは一般的なものです。

ですので、最大限の値引きを考えたいのなら、下取りと値引き交渉は分けて行うようにするのがポイントだと言えます。

値引き交渉が面倒なら買取を選択しよう

値引き交渉と下取りの交渉を面倒に感じてしまうのなら、買取をするのも方法の1つだと言えます。
買取をするにしても、複数の見積もりをもらうことが高値買取の前提となるのですが、一括査定サービスを利用することで効率よく集めることができるのです。

車の査定で少しでも高く買取をしてもらいたいのなら、一括査定サービスを利用するも視野に入れておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事