車査定の価格交渉での失敗しやすい例は?


車を売却する時に、最終的な買取額が決まるのは査定後になります。
車というのは1台1台その状態が異なるものであり、査定の見積もりは飽くまでも見積もりであり、最終的な金額ではありません。
ただし、どこの業者が高値で買取できるのかを判別できるのには、大きなメリットがあると言って良いでしょう。
そこで最終的な買取額を決める価格交渉について考えてみます。

価格交渉で失敗するのは相場を知らないこと

査定後には、その査定額を元に価格交渉を行うことになります。
この価格交渉で値段に納得ができれば、売買契約を締結するという流れです。
そこで重要になってくるのが価格交渉のやり方になります。
多くの人が失敗するケースとしては、相場を知らないままに交渉する方法です。
特に多いのは1つの業者とのみ取引しているというパターンになります。
業者としてもライバルとなる同業他社がいないというのなら、足元を見た値段をつけてくる可能性が高くなるのです。
価格交渉にしても相場そのものを知らないのであれば、交渉するどころではありません。

この失敗を防ぐにはともかく複数の業者から査定の見積もりをもらって、相見積もりをとるという形にすることが大切です。

相見積もりをとることで、同業他社のライバルがいるというのなら業者にしても下手な価格をつけてしまえば、ビジネスチャンスを失うことになります。
つまり、本気の値段をつけざるを得なくなるので、必ず見積もりは複数とるようにしてください。そして、実際の査定にしても複数の業者にしてもらうのが理想です。

交渉と言っても欲張りすぎても意味がない

価格交渉で失敗するケースとしては、欲張りすぎるというケースです。
中古車の買取市場というのは一見すると、相場もあってないようなものだと言えます。
しかし、目安となる基準そのものはあるので、そこからあまりにも逸脱した買取額を交渉したとしても意味がありません。

そこでそうした相場を知るということでも複数の業者から見積もりをもらうことが大切なのです。

最近ではネット上で利用できる中古車一括査定サービスがありますので、効率よく見積もりを集めることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事