ネットで車査定の申込みの仕組みとは?どのような流れで進むの?


最近ではネットで車を査定することができるようになりました。
しかし、どのような仕組みになっているのか不安に思う人もいるかもしれません。
そこで、ネットの車査定について解説していきましょう。

ネット車査定の仕組みついて知っておこう

まずネット車査定と言っても、正確には一括車査定ということになります。
一括車査定とは、複数の中古車業者に対して一括して査定の見積もりを請求することを目的としているサービスです。

  • 仕組みとしては、一括車査定を運営する企業が複数の中古車業者と提携しており、サービスを利用することによって提携している業者に一括して申し込みメールが届くという形になります。

  • 申し込みをする段階において、住所などの個人情報を入力することになるので、自分の住んでいる地域に対応する業者に申し込みができるようになっています。
    結果、取引をしたいけれど遠隔地だから取引できないということはありません。

    申し込みをした後の流れとしては、見積もりを請求した業者から連絡が入ってきますので、出揃ったところで取引をしたい業者に再度連絡をしてください。
    この時のポイントとしては、実際の査定を受ける業者もまた複数選ぶということです。
    できれば、最低でも3社程度から実際の査定を受けるようにすると良いでしょう。

    • 複数社から査定を受けることで、実際の査定においても競合させることができます。

    • つまり、買取額をアップさせることができると考えて良いでしょう。

      実際の査定が終わった後はどうなるの?

      車査定サービスの仕事としては上で書いた部分で終わりです。
      そこから中古車業者との交渉になってきますので、複数社の査定結果をもって交渉するようにしてください。
      交渉するのが面倒であれば、同日同時間に査定をしてもらうようにしておくと、一度の査定ですみますし、業者同士で価格調整を行ってくれるので楽になります。
      車査定では高値買取を実現させる方法がいくつかありますが、その中でも最も簡単に行える方法が、この業者同士を競合させるというものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事