お役立ちQ&A

車査定のための手続きでローン残債手続きについて知りたい事は?


ローン残債のある車を査定に出したいと思っている方もおられるかもしれません。
ローン残債のある車を売るときは、それなりの手続きが必要になりますが、初めての方は何がなんだか分からないことも多いでしょう。
そこで今回は、ローン残債のある車を売りたいと思っている人が知りたいと思っていることを紹介していきます。

ローン残債のある車は売れるの?

そもそもの疑問として、ローン残債のある車は売ることができるのだろうかと思っている人も多いはずです。
普通、ローン残債があるということは、車の所有者と使用者が別々になっているので、その状態では売ることができません。
ただし、名義の問題と他のいくつかの条件をクリアすることができれば、ローン残債の車でも売ることができます。

その条件とは、所有権留保解除手続きを行うこと、売ったお金をローンの残りに当てられるようにすること、差額分のローンを新たに組みなおすこと、新車を買ってそのローンに上乗せすることです。

こうした条件をクリアするための手続きは大変ですが、ローン残債のある車の買取に対応している店を探せば、そこで面倒な手続きを行ってくれます。
もちろん手続きに手数料がかかりますが、こうした方法でローン途中でも車が売れることを知っておいてください。

ローン途中の車をスムーズに売る方法

ローン途中の車をスムーズに売るためには、ローン残債額の清算や手続きなどを代行してくれる買取店に売ること、まずこれが前提条件になります。
そこからさらに便利なのが、インターネットの一括査定を利用することです。
ローン途中の車をスムーズに売るためには、できるだけ車を高額で売ることが必要になりますが、その高額売却を可能にするのが一括査定です。
一括査定では複数の買取店から見積もりを集めることができるので、競争原理が働いて価格が上がりやすいのです。

少しでも高値で売れれば、それだけ残債処理がしやすくなるので、ぜひともネットの一括査定を利用しておきましょう。

関連記事

  1. 車買取の無料査定で起きる詐欺の種類は?

  2. 車査定についてのネットの口コミの集め方とは?

  3. 中古車査定に使う車検証についての注意事項とは?

  4. 車買取の詐欺訴えに対する証拠になるものは?

  5. 自動車査定・買取でよくあるトラブルの約束不履行とは?

  6. 車査定する会社の中でも悪徳な会社をどうやって見極める?

PAGE TOP