中古車の査定または買取サービスでメーカーはどのくらい査定基準に占める?


中古車の査定、買取ではさまざまな要素で査定額が決められますが、車のメーカーが占める基準はどの程度になっているのでしょうか。
見落としがちですが意外と重要な部分ですのでしっかり把握しておきましょう。

人気メーカーかどうか

車もメーカーごとに人気に差がありますが、この差が査定額に直結してきます。
人気メーカーほどよく売れることになるわけですが、よく売れるということは業者からすれば高く買取をしても十分な利益が見込めるということでやはり査定額も高くなる傾向にあります。
逆に人気のないメーカーはあまり売れないため販売価格を下げるしかなく、どうしても査定額も下がってしまう形です。
車はすでに所有しているのでメーカーを変更することは難しいのですが、人気メーカーの車を購入しておけば買取をしてもらうときもお得になると考えておくことが大切です。

  • どのメーカーの車か、これは査定額のベースにもなる重要な基準ですのでメーカー選びは非常に大きなポイントになってきます。

  • メーカーだけを気にするのはよくない

    とはいえ、車の査定額はその他の要素も重要になってきますのでメーカーばかり気にするのもあまりよくありません。
    自分の好みの車が人気のないメーカーだったという場合はどうしようもありませんし、それ以上に車の状態や業者選びに力を入れることが求められます。
    たとえば、小さな傷が付いているだけでも査定額は下がってしまうので日頃から大切に扱い、事故を起こすことがないようにしましょう。
    また、業者によっても査定額は大きく変わってきますので高額査定をしてくれる業者を見つけることも考えなくてはいけません。

    • 一括査定サイトなら無料で利用でき、複数の業者にまとめて査定をしてもらうことができますから上手に活用してできるだけ高く査定してくれる業者を見つけましょう。

    こうした点に気をつけておけばたとえ人気のないメーカーの車でもこちらの希望する額で売ることが可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事