廃車の買取・査定のための必要な手続きって?


水に浸かってしまった車だけど、廃車にするよりは売却したいと考える人も少なくありません。
基本的に中古車市場というのは、冠水歴のあるような車は敬遠されますので、廃車にするしかないかと諦めてしまう人も多いでしょう。
しかし、近年では必ずしも廃車にしなくてはいけないということもないのです。
何故なら、冠水車のような車でも買取をしてくれる業者があるからです。
ここでは廃車にするような車を査定してもらうには、どうすれば査定してもらえるかを考えてみます。

査定のために必要な手続きを考えてみよう

そもそも廃車にするような車であっても、事故ひとつ起こしていない車であっても、査定をしてもらうために必要な手続きは同じです。
中古車買取業者に連絡をして、査定をしてもらう予約を入れるだけなので、特に難しいことはありません。
ただし、冠水車のような車ですと買取不可という対応を出す業者も少なくないので、近所にある業者だからと安易に連絡をしてしまうのは間違いです。
先ほど書いたように、廃車でも買取をしてくれる業者は増えていますが、全体的に見ればまだまだマイノリティだと言えます。

ですので、査定の手続きをする前に、まずは買取してくれるかどうかを確認するのが先決です。

ここでまた問題が1つ出てきます。
廃車でも買取をしてくれる業者を知らないというケースです。
また、知っていても自宅から離れた場所にあるので、利用できないという場合もあるでしょう。
こうなると、また最初から買取業者を探すことになってしまいます。

そこで利用したいのが、ネット車査定というサービスです。

ネット車査定では複数の買取業者に査定の見積もりを一括して依頼してくれます。
つまり、自分で何件も業者に連絡をするという手間を省いてくれるのです。

査定の結果が返ってきたらどうするの?

査定の結果が返ってきたら、すぐに売れる業者に連絡をというのは早計です。
まずは落ちついて条件を比較検討してみてください。

ただ単純に高い金額をつけた業者にだけ連絡をするのではなく、競合させるために最低でも3社に声をかけるようにすると、買取額をアップさせることに繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事