買取をして貰えないことはありますか?


車の買取をしてもらうと考えた時に、自分の車は古いから価値なんてないのではと考える人も少なくありません。確かにそうした一面があることは否定できませんが、買取が不可となるケースは非常に少なくなっていると考えて良いでしょう。
その理由としては、販路そのものが増えているということにあります。
販路とは買取をした車を転売できる先のことなのですが、すべての車が買取対象になるかどうかは買取店次第だと言えるのです。

車を買い取ってもらえないケースってあるの?

そもそも車を買取してもらえるかどうかは、その車に車としての価値があるかどうかが前提となってきます。
まず買取をしてもらえないケースとしては、車検が通らないような違法改造をしている車です。これはそもそも買取の対象にすらなりませんので、売却したいのであれば車検が通るまで元に戻すしかありません。
車に価値があるかどうか以前の問題だと考えてください。
また、大きな事故を起こしてしまい、廃車寸前の車などはかなり買取が難しいと言って良いでしょう。

車を買取してもらえる条件はあるの?

基本的に車の買取に関しては相場が大きく影響するものです。
ですので、中古車の市場として需要が高いものに関しては多少条件が悪くても、それなりの価格で買い取りをしてもらうことができます。
しかし、需要があっても供給、つまり売却する人が多い車種ですと供給過多の状況になりやすく、買取額が下がってしまう可能性も高いのです。
こうした相場に関しては、ともかく1つでも査定の見積を多く集めて見なくてはわからないと言って良いでしょう。

少し前までは事故車や不動車に関しては買取不可の対象となっていました。
しかし、上でも書いたように近年では事故車などであっても買取をしてくれる店舗が増えています。
しかし、1つ1つの店舗に対して事故車ですけど買取をしてもらえますか、と電話で確認をとっていくのも面倒な話です。
そこで利用したいのが、ネットの一括査定サイトになります。

一括査定サイトでは中古車の買取店に対して、一括して査定の見積を御願いすることができますので、どこのお店なら買取をしてもらえるというのが一目瞭然です。

事故車や不動車などでも買取対応をしているかどうかは各店舗によりますので、どのくらいの価格がつくかはわかりません。
しかし、廃車にするにしてもお金がかかるものですので、素人判断をしてしまうのではなく、まずは一括査定サイトを利用することをお勧めしておきます。
一括査定サイトは無料で利用できますので、余計なお金をかけることもなく、自分の車に価値があるのかを知ることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事