見積もりの後の車査定の価格をアップする値引き交渉術には何がある?


自動車を買取してもらう時に、どのくらいで売却できるのかが気になるはずです。
しかし、中古車というのは1台1台で状態が異なるものですので、どうしてもこの価格という相場がありません。
査定の見積もりをお願いすることで、目安としての金額を知ることはできますが、最終的にどのくらいの金額になるのかは査定を受けないとわからないのです。
そこで査定の価格アップをさせる交渉術について考えてみましょう。

査定の価格をアップさせるにはどうすれば良い?

査定後の価格をアップさせる方法はいくつかあります。
例えば査定そのものを有利にするための方法としては、洗車を行って外観をきれいにしておいたり、内装の掃除をして車の臭いを消臭しておくということなどです。
ただし、これらの方法をとったとしても、そこまで大きくアップはしません。
では、交渉をすることで価格がアップするのかという話なのですが、アピールすべきポイントはしっかりと行うと査定額も違ってきます。

  • 交渉として伝えておきたいのは、普段から大事に乗ってきたということです。

  • 車には消耗品という側面もありますので、大事に乗っているかどうかでその状態は大きく変わってきます。
    そこで掃除をする、洗車をするというのは大きなアピールになるのです。また、価格交渉の方法としては、複数の業者から査定を受けるようにするのもポイントだと言えるでしょう。

    交渉をしても良いが嘘はつかないようにしよう

    車査定時の交渉ポイントとしては、嘘をつかないというのが重要です。
    上でも少し触れましたが、査定時の交渉によって最終的な買取額が決まりますので、心象を良くしたいという気持ちがあって当然でしょう。
    しかし、ここで大げさに伝えてしまったり、事故をしているのにしていないなどのような嘘をついてしまうと、思わぬトラブルに発展することがあります。

    • その代表的な例が、売買契約を締結した後に疵痕や不具合が発生するというケースです。この場合、査定価格も下がってしまいますので、十分に気をつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事