自動車査定のときに納税証明書はなぜ必要?


自動車査定では査定時に自動車税の納税証明書が必要になります。
買取業者に提出することになるわけですが、なぜ納税証明書が必要になるのでしょうか。

納税証明書の重要性について知っておきたい

自動車税は車検時に次回の車検分までを一括で支払う形になっています。
税金の1つですから車を所有するためには必ず支払わなければならないもので、自動車税が未納の車は車検を通すことができません。
自分がしっかり納税していることを証明するためには納税証明書が必ず必要になるわけです。
自動車査定をしてもらう、つまり売る場合、売ってしまえば自分にとっては必要のない書類となりますが、その後中古車として販売されるということは別な方がその車を購入し乗るということです。
その方が車検を受けるためには自分が持っている納税証明書が必要になりますのであらかじめ買取業者に渡しておく形です。
こうした理由から納税証明書は査定時に必ず必要になる書類です。

  • 用意できていないと売ることもできませんので事前にしっかり準備しておきましょう。

  • 納税証明書がない場合

    紛失してしまったなど、なんらかの理由で納税証明書が手元にない場合は必ず新しいものを用意しなければなりません。

    • 普通自動車の場合は各都道府県の税事務所で、軽自動車の場合は管轄の役所で再発行の手続きをすることが可能になっていますので、査定をしてもらう前に必ず再発行の手続きを済ませて用意しておきましょう。

    • そもそも紛失しないように大切に保管することが求められるのですが万が一紛失してしまった場合も慌てる必要はありません。
      自動車査定ではいくつかの書類が必要になります。
      どれも普段あまり使うことのない書類ですので保管場所を忘れてしまうことも珍しくありません。
      査定をしてもらう時はまず必要な書類がなにかを確認し、それぞれがどこにあるのかを調べておきましょう。
      書類がすべて揃った状態で査定をしてもらうことが大切です。
      車は基本的に時間が経つほど価値が低くなっていきますので準備を素早く終わらせることが高額買取につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事