お役立ちQ&A

自動車の査定額は会社によってそれぞれ違うもの?


同じ車を査定してもらっているのに、店によって査定額が異なるのはどうして?こんな経験をされた方も少なくないと思いますが、これからその理由についてご説明します。
実際、店によって値段が違う理由はいくつもありますが、ここでは2つの原因を取り上げます。

店によって得意な車種とそうじゃない車種がある

買取店にもいろいろなタイプがあって、ある特定の車種の買取・販売を得意にしている店もあれば、全車種を網羅しているという店もあります。
例えば、SUV車を売りたいと思う場合、SUV車の買取を得意にしている業者に持ち込めば、高価買取される可能性がありますが、逆にSUV車を苦手にしている業者に持ち込めば、高価買取されない可能性が高くなります。
このように、店によって得意分野と不得意分野があることが、店によって値段が変わる原因の一つとなっています。
では、買取における得意・不得意とはどういうことなのでしょうか。
これは、その車種に対する査定経験と取引実績の多さを意味しています。

  • つまり、その車種が得意であるということは、これまで何台も同じ車種を査定してきた経験があり、取引実績も豊富で、その車に対しては正確な評価を与えることができるということです。

  • 逆に不得意ということは、査定経験が少なく、取引実績も少ないから、その車に対して正確な評価が下せないということになります。

    お店の顧客傾向で特記する点

    そのお店にやってくるお客さんの傾向というものもありますが、これは顧客傾向と呼ばれます。
    実はこの顧客傾向も、店によって車の買取額が違うことの原因となっています。
    例えば、そのお店にはミニバンを買いに来るお客さんが多いなら、ミニバンの需要が多いので、ミニバンに対する査定額は良くなる傾向にあります。
    一方、ミニバンの需要のないお店にミニバンを持ち込んでも、買い手が付きにくいので査定額は上がりません。

    • このようにそのお店の顧客傾向によって需要が違うので、それが原因で同じ車であっても、店によって評価が変わるという事態が発生してしまいます。

関連記事

  1. 自動車査定・買取での起きる金銭に関するトラブルには何がある?

  2. 自動車税を滞納している車を売却することはできますか?

  3. 輸入車の査定の見積もりで重視されるポイントは?

  4. 車を売る際は車検を通した方がいいの?

  5. 車検切れの車を査定して貰ったり、買取してもらうことはできますか?

  6. 口コミだけでは知れない車買取の悪質会社・詐欺の実態とは?

PAGE TOP