修理歴はしっかり伝える


修理歴は自分から申告するようにする

車の査定を行う上で、大きく不利となる要素とされる部分が「その車は過去に修理を行ったことがあるかどうか」です。
とりたて、ボンネットであったり扉、トランクなどといった車のベースとも言える部分に連関している所の「修理歴」については、査定結果を聞いてショックを受けるぐらい影響するケースも多いのです。

このような重要部分の修理歴による「査定の低下」に関しては、どのぐらい話し合いを行ったところでどうにかなるものではありません。そのため、貴方の車のアピールするべき部分を強調することによって巻き返しを図るのが賢い戦略であると言えます。

ここでの注意点について紹介しておきましょう。
先ほど説明したように、査定にとって「過去に修理を行ったことがあるかどうか」はかなりのマイナスポイントとなります。
そのため、可能ならば「知られたくない」と思うのが本音なのではないでしょうか。そのような思いは誰もが感じるものですが、上記に挙げたような、ボンネットであったり扉、トランクなどのような「重要な部分」の修理をこれまでした事があるかどうかについては、聞かれるまでもなく、先にコチラの方から申告を行っておくのがベストなのです。聞かれて答えるのではなく、自ら言っておくことがココでは重要とされます。

査定士が見落とす可能性もあり得る

車査定の担当者は、毎日、数多くの車のチェックを行っています。手順としては確認するべき点が記載された書類をもとに査定はスムーズに進行していきますが、そのマニュアル化された手順であるからこそ、チェック漏れというものも起こりえます。すなわち、貴方の車の「修理歴」についても同じようにチェック漏れも起こりえるのです。

ですが、それを良い事に偽っていようとしても、そうは行かないのが現実というものです。買い取り業者に引き取られた貴方の車は、その後に「厳正な判断力」を持ったチェックの専門家数人に、さらなる査定を行われるのです。つまり最初の査定の時点で気付かれなかったとしても、厳しい検閲によって必ず修理歴は判明してしまうのです。

もし修理歴が明らかになってしまったら、まずは買い取り業者から受け取った車の代金に対する返還請求が行われます。当然の事ながら、修理歴について尋ねられたにも関わらず黙っていた「売る側」に非があることは明白ですので、この請求には必ず対応しなければならないのです。

そしてもしも、その請求に対して知らんぷりをしていたら、次には「損害賠償に対する請求」が届く事になりますので、くれぐれも修理歴に対する嘘はつかないようにしてください。

PAGE TOP