一括査定の後の個別交渉テクニック


一括査定の後の個別交渉テクニックは大切

一括見積もり後の個別交渉で売り急がないのが鉄則

買い取り業者に愛車を売却する際のポイントとしては、何よりも「買い取り業者に見積もりを取ってもらう」ことが重要です。「査定の結果がどのようになったのか」、そして「査定の上で、どの点がプラスになって、どこがマイナスであったのか」、さらに、その結果として「最終的な買い取り金額はいくらになったのか」、これらの点を文章化してもらって、もしものトラブルが起こってしまった際に対応できるように手元に置いておきましょう。

ですが、買い取り業者に車を売る際には、1つだけの会社にしか査定してもらわずに売るより、複数の会社を比較して選んだほうがメリットが多いと言えるのです。

もしかしたら、その一つだけ選んだ会社よりも高額で自分の車を買ってくれる買い取り業者が存在するかもしれないからです。

要は、いくつかの買い取り業者に同時に査定してもらって、最終的にそれぞれから出された金 額を比べて選ぶ、という方法が有効なのです。

しかしここで記述している「いくつかの会社による査定」というものは「インターネットの申し込みによる一括スピード査定」を指すものではありません。
インターネットでは費用をかけずに複数者の大まかな査定額の目安を出すことはできますが、ネット上では「エンジンがどのような状態であるか」や、「車体についているキズのチェック」などといった詳細に渉った査定をすることができないのです。

このような事から、インターネットでの一括査定とは、「大まかな目安としての金額」を知るためのサービスと捉えておくのが間違いないでしょう。

実際にはその後に担当による査定をしてもらって、追加された「プラスに働く査定」が多い場合は売値が上がりますし、逆に「マイナスに働く査定」が増えてしまった場合は、目安の買い取り額から減算されてしまうのです。

「対面での査定」を複数者で行う

つまり、ここで言う「いくつかの会社による査定」というものは、ネットではなく、買い取り業者による直接的なチェックや、話し合いによって導きだされた「最終的な査定結果」を出す事を言うのです。
この査定をいくつかの業者で行っておくことが、最終的な査定額をアップさせるための秘訣となるのです。

そして、いくつかの買い取り業者の中には、あなたの車を買い取るために、根強く粘ってくる会社もいます。
正直このような会社に対しては、多少面倒な部分はあると思います。
押されてコチラが折れるのも嫌ですし、かといって無下にするのも気が咎めるものです。

こういった場合には、「他の業者にも査定をお願いしているので、今日のところはお帰りいただけますか」と告げましょう。
このように「長時間粘ってくる業者を返す手段」としても、複数の会社による査定は効果的なのです。

他には、「査定してもらう前に、敢えてそれを告げておく」という方法も効果があります。「今回査定をお願いしますけど、他の業者にも査定を依頼していますので、今日は売る事ができません」といったように先に念押ししておくのです。
これによって買い取り業者の担当さんも「複数の査定を行っているなら、あまりマイナス査定をし過ぎるのも 危険だな」と考え、最終的な高額査定へと近づくことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿