高価売却テクニック

ディーラーにて下取り


車の売却において一番手軽でシンプルかつ手間がかからない方法といえば次の車を購入するディーラー等で引き取ってもらう下取りであることは間違いありません。ただ、残念ながら売却方法の中では買取金額が低く損をしがちです。

下取り価格はどうやって決まるのか


大前提としてそもそも下取りは高額で車が売却できる方法ではありません。というのも下取りは買取相場を考慮に入れるケースは少なく、車種及び年式等を基準にして値段が決まってしまいます。また、新車の販売価格の何%までと定められた基準があるのである一定の金額以上はつかない傾向にあります。このことから、下取り価格はほぼ固定されていると言えます。

例えば、通常だと人気が高い車種は需要が高いことから査定額がアップすることはありますが、ディーラーでの下取りに関しては上がることはほぼないです。グレードが良い社外のカーナビを搭載していたり、人気色であったとしても金額アップに結びつくことはほとんどありません。形式的に査定表等で出される査定額以上の金額を提示されることはないと思っておいた方がいいでしょう。

その一方で、車買取業者にて査定を依頼する場合はできるだけ多くの業者に競争させて査定金額をアップさせるのが有効な手段です。1社だけに査定を頼むのではなく複数の買取業者に頼むことが高額査定を引き出すコツになります。

ディーラーでの下取りの場合は1社でしか金額を決めていないので競争させて買取金額をアップさせることは難しいです。競争がないということは査定金額のアップを望むことができず、買取金額は低くなります。

少しでも車を高く売却したいとお考えでしたら、買取業者に査定を依頼することをオススメします。ディーラーでの下取りは売却金額が低くなってしまうので「いくらでもいいや。」という考えでなければオススメできる売却方法ではありません。

たくさんの買取業者に廻っている時間はないけど少しでも高く車を売却したいのならインターネットを利用して一括査定サイトをご活用になるといいです。時間を割かれる事もなくとても簡単に多くの買取業者に査定をお願いすることが可能です。

関連記事

  1. 買取金額を上げる

  2. 引き渡す日までにすべきこと

  3. 消臭

  4. 消臭について

  5. 合同に査定してもらう

  6. 準備をする

PAGE TOP