教えてもらえない


買取業者に査定をしてもらったはいいけど、肝心な査定金額をなかなか教えてくれないケースがあります。こっちは早く知りたいのに「おいくらくらいで売却をお考えですか?」といったように逆に問いかけを受けてしまうこともあります。

では、何故、買取業者はもったいぶってなかなか教えてくれないのでしょうか。それは、他の同業他社に査定金額から少し上乗せされた金額で買い取られるのを防ぐためです。つまり、査定金額は80万円ですと伝えてしまうと他の買取業者に81万円で買い取られてしまう可能性が出てくるからです。決して、もったいぶっている訳ではありません。

そのために査定を受けた後、買取業者がなかなか具体的な査定金額を提示してきません。

  • 車売却において、車を売る側も車を買い取る側も先に具体的な希望金額を提示してしまうとそこからの交渉がどうしても不利になってしまいます。
  • 買取業者は「最初に具体的な金額は言わない」と決めている感も否めません。

    駆け引き


    買取業者が査定金額を言ったとしても具体的ではなく「50万円から90万円位ですかね。」といったように金額に幅を持たせて伝えてくることもあります。買取業者は先に希望金額は言わずに車を売る側に先に言わせようと交渉してきます。経験豊富な営業だとソコソコ車売却の知識があったとしても、交渉において厳しい戦いになることは必至です。なので、1対1での交渉は避けるべきです。

    1対1の交渉を避けるのにベストな方法は一括査定サイトを利用して複数の買取査定業者を同日同時刻に自宅等に呼ぶことです。申込みを行う段階で、同日同時刻に他の業者にも来てもらう手筈になっている旨を備考欄に記載しておくようにしましょう。

    多くの業者に査定に来てもらい、最も高い金額をつけてくれた業者に売却するということを、伝えましょう。こうすることで「50万円から90万円位ですかね。」といった曖昧な金額で具体的な買取金額を教えないといった事はできなくなるので売り手側有利に交渉ができます。

    同日同時刻に出張査定に来たすべての買取業者に具体的な金額を出して下さいと伝えて、査定金額が出揃うのを待つと形式が、高価査定額を引き出せる最適な方法であり、無駄な交渉も避けることができます。

    最近ではこの方法で売却先を決める方も増えているので、買取業者もこの合同で行われる査定に慣れているので依頼する時も気にする必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事