車を売る手段とは


車を売る手段は以下の4つが代表的です。それぞれにメリットやデメリットがあるので、しっかりと把握したうえで自分に合った方法で売るといいでしょう。


下取り

新車購入時にディーラーにて引き取ってもらう最もオーソドックスな方法。車両の入れ替え時に今の車を引き渡す形になるので、手間もかからず非常に楽ですが、買取金額は低い傾向にあります。


買取

中古車販売店や買取専門店に売却する方法。次の車が納車されるまで「足」が無いといったケースが起こりうりますが、下取りに比べると買取金額は高い傾向にあります。また、一括査定を活用して買取業者同士を競合させることでさらに高値を引き出せる事も珍しくありません。


オークション

トラブルになることが少なからずあるので利用する方は少ないですが、オークション代行業者に出品を依頼して売却する方法。オークションは一般の方が参加する事はできません。


個人売買

知り合いやオークションサイトなどを利用して売却する方法。書類の準備や登録等を個人で行わないといけないので時間と労力、それに伴う知識も必要になります。また、上記同様、トラブルになることが多いです。

一般的な売却方法

やはり、一般的な売却方法として挙げられるのは、「下取り」と「買取」になります。
車の売却時に皆さんが気にするポイントは以下のようなことではないでしょうか。


いかに高く売れるか


安全面は大丈夫なのか


面倒な手間はないか

高く売ることだけに集中すれば、オークション代行業者に依頼するか、個人売買が1歩先を行きますが、車の「登録」や「名義変更」等の知識が必要になることはもちろん、時間と手間は当然、かかります。また、売り手と買い手との受け取り方の違い等からトラブルに発展するケースは多いです。

以上の事を踏まえると「下取り」と「買取」を利用する人が多いのも頷けます。2つの方法は共に安全面も抜群で、リスクもほとんどありません。

では、どちらが優れているの?という疑問が出てくると思います。上記で挙げた3つのポイントに絞って考えると、一番、バランスが取れている方法は「買取」になります。「下取り」は【2】と【3】に関しては申し分ないですが、【1】に関しては、正直、かなり買取金額を抑えられてしまいます。「安くてもかまわない」といった方には非常に向いている売却方法と言えます。金額も比較的高い「買取」ですが売るタイミングと納車のタイミングの関係で車両の入れ替えがスムーズにいかないケースもあるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事