知るとお得な豆知識

下取り


車を売却する方法は4つほどあります。

  • ディーラーで下取りをしてもらう
  • 買取業者に買い取ってもらう
  • オークション代行業者に依頼する
  • 個人売買

ここに挙げた売却方法の中で最も手間がかからず、しかも、トラブルもほとんど無い方法はディーラーで下取りをしてもらうです。ディーラーで車を買い納車時に入れ替えで引き取ってもらうので一箇所ですべて済んでしまうので非常にラクです。

最も楽な方法

買取業者の場合はオートオークションの相場により査定金額が上がったり、人気が高い車種になると買取業者同士が買い取るためにこぞって査定金額を上げていくので、高い金額で売却できる可能性が高いです。

しかしながら、ディーラーで下取りをしてもらう場合は買取業者が提示してくる査定額よりも確実に低くなってしまいます。なぜなら、買取相場をそこまで考慮に入れていないからです。下取りを行う際も購入する車両価格の何割までといったように決められた基準があるので、一定以上の査定金額はいかないことになっています。

しかしながら、一箇所で新車購入と車売却ができるのは非常に魅力的です。ほとんどの場合は納車時に入れ替えで車の引渡しになるので車が無くなる期間もありません。とにかく忙しくて車売却に対して時間をかけている余裕がない方にとって下取りは非常に便利です。

下取りと値引きの関係

ディーラーにて下取りをしてもらう際に注意しなければならない点として下取りと新車の値引きの関係性が挙げられます。

新車の値引き条件は非常によく、満足のいく結果だったけど、下取りに関しては想像以上に金額が低くて驚いたというパターンは意外と多くあります。また、これとは逆に、新車の値引きに関しては納得のいくものではなかったけど、下取りに関しては思いの他、金額がついたといった場合もあります。

つまり、どちらか一方を高くすることにより、いかに得をしたと思ってもらうようにしていると言えます。実際のところ、得をしているのか損をしているのかは買取相場と比較して総合的に判断する必要があります。

買取業者の査定額と比べると10万円ほど下取りのほうが安いかもしれませんが、それは下取りなのである程度は仕方ありませんが、下取りが思っていた以上に高くついて喜んでいたら、実は新車の値引き額がその分少なかったといったケースもあるので注意したほうがいいでしょう。

関連記事

  1. 車を売る手段とは

  2. 車買取の悪質会社の特徴

  3. 「下取り」と「買い取り」はどちらが得なのか?

  4. 出張査定時に

  5. 駆け引きや交渉が得意でない方

  6. 車査定依頼から振込が完了するまで

PAGE TOP