お役立ちQ&A

自動車査定の見積もりを終えたがキャンセルしたい時はどうしたら良い?


愛車を自動車査定に出して、いったんは見積りまで終えたが、その後どうしてもキャンセルしたくなった。
さてこの場合は、無条件でキャンセルできるのでしょうか?
また、キャンセルするために何か特別な方法が必要になるのでしょうか?
ここではそんな疑問の回答となる情報を提供しています。

きっぱりと断ること

例えば、インターネットの一括査定を利用すると、査定を希望する業者が猛烈なアタックを仕掛けてくることがあります。
その攻勢に押されて、納得できない査定額であってもキャンセルしづらいような状況に追い込まれることもあります。

この場合に大事なことは、すでに車を売る意思がない場合は、きっぱりとその意思を相手に伝えることです。

どっちつかずの優柔不断な態度を見せていると、相手もそこに漬け込んで畳み掛けてきますが、こちらが売る意思がないことをはっきりと示せば、相手も引き下がるしかなくなります。
本当に売る気がないときは、何をどう言われても「売らない」と言い続けてください。
自動車査定のキャンセルを行うためには、これが最も有効な方法です。

売買契約後でもキャンセルできる

見積りどころか、売買契約までしてしまったらもうキャンセルできないだろうと思っている人もいますが、そんなことはありません。
見積りが終わって、売買契約が取り交わされた後であっても、売却をキャンセルすることは可能です。

ただし、キャンセル料の話はこれとは別で、取引の進展状況によってはキャンセル料が必要になる場合もあります。

それを分けるのは、すでに車と書類の引渡しが行われているかどうかです。
キャンセルを希望した時点で車と書類の引渡しが行われていたら、その時点ですでに業者側に人件費などのコストが発生してしまっているので、その場合はキャンセル料を支払うことになります。
しかし、車も書類も引渡しをまだ行っていないのであれば、その段階でもまだ無料でキャンセルすることができます。

関連記事

  1. 中古車査定のための事務手続きのための捨ててはいけないものは?

  2. 廃車の車を買取査定に出すときの書類には何が必要?

  3. 高級外車に関する車査定でも安い見積もり価格を出される場合は?

  4. 自動車買取に関するキャンセルをする場合に起こるトラブルには何がある?

  5. 車査定についてのネットの口コミの集め方とは?

  6. 車を査定してもらう前に洗車をしておくと、査定に影響しますか?

PAGE TOP